べるちるちるりん

アクセスカウンタ

zoom RSS しんぼうして見守る

<<   作成日時 : 2006/10/18 12:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

べるちの発狂は未だに続くのですが、
昨日からちょっとこちらの態度を変えました。

つまり、手も口も出さないようにしたのです。
とある発達支援サイトで
大声を出したりしたときどういう状況かよく判断しましょうと
書いてあったので、どんなときにそうなるかというと、

命令される。指示される。
持ってきたものが間違っていたら正しいものに取り替えられる。
着たくないのに上着を着せられそうになる。
「お片づけ〜♪」の歌を歌う。
「こっちおいで」等の誘導。
など。

全て、べるちに関わる人が発する声と出す手に
異常に反応して抵抗しているのである。

なので、しばらく、何をしてもだまーって見守ることにしました。

昨日も帰宅後、手を洗うように言うと「ウギャー!」とひっくり返ったので、
そのまま、台所へ入り、ちょっと洗ってね〜と流しでパパッと洗い、
その後、まぁ、何をするか見ていたのです。
いつものように、冷蔵庫の中をチェックして、
今のところ大好きな、「ブルガリアアロエヨーグルト4個パック」を
取り出し、「ヨーグルト食べるのね」とだけ声を掛け、
自分でスプーンを取るために引き出しをあけたけど、
持っていったのはフォークで
いつもなら、そこでスプーンと取り替えて「ギャー」なので、
そのままフォークで食べていただいた。

「食べにくいねぇ。^^;」と小さな声で言いつつ、
まぁ、そのままにしておくと、
食べ終わったら、流しに掘りこんで
次のヨーグルトを出して、また新しいフォークを出して、
またそのフォークで食べて。…^^;ガンコだねぇ。

私が出していたお菓子は無視して、
同じお菓子を袋から出してきて、「あけて」と。
「はいはい。どうぞ。ありがとうは?」まで言うがまだ大丈夫。

そのうち、うろうろしていて、足元の
こまものが入った缶を蹴る。
床にバーーーーっとこまもの(ビーズとか小さなおまけとか)が散乱。
でも、何も言わない見ない。
しばらく、黙って転がったのを見ていたが拾う様子は無い。
出てきたクリップをつなげたりして遊んでいる。

私はまぁコーヒー入れてて、ふと目をやると
勝手にケロポンズのMDかけてて横揺れでノリノリであった。
機嫌はよさそう。

ひととおり曲も聴いて、少しエビカニクスなんぞを踊った後、
ニヘラ〜♪と笑って手を引いて抱っこして振り回す遊びを
してくれとせがんできた。でも、パパしかできないから断り、
すもうをとることにした。

「はっけよい、のこった!」と投げるように床に寝かせる。
ゲタゲタと笑いながら起きてきて、もっともっと!
そのうち疲れるので、こちょこちょに変り、
ゲヘゲヘ笑いながらいつもより長い時間ふれあっていた。

その夜もおだやかで、
パパはたな卸しで遅いから、
先に夕食を済ませて、食べ終わると
椅子に座っている私の上に移ってきて、
私の顔をむぎゅーっとつまんで変な顔にしたり、
「トコトコ」と言いトコトコして〜とか、
「いっぴきの〜」と少し歌ってこれ歌ってとか
もうベタベタで。(笑)

指示しない事と、自分のやりたいようにできたことが
リラックスにつながり、甘えたくなったんかなー。

そうやって笑ってるのがいいんよー。と言いながら
「もー、むじゅかちいおこちゃまでしゅね!」とハグハグしていた。

まぁ、しばらく続くであろうこの反抗期。
黙って見守って、どうしても許せないことは厳しく叱って、
これからくる、大嫌いな冬に向かい生活していかねば…。

でも、ホント、2歳児さんみたいね。(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自己主張したい意欲が芽生えてきたのに
どこで芽を出していいのかわからない。

自宅に帰ってきた途端に今まで許せたことが
全部許せなくなる(甘えの変形)ことって
婆さんにもあるしなぁ。

ただね、
「好きなようにどうぞ〜」ってことが変に「OK!」って
勝手にインプットされてその後の生活に支障をきたす
ことがあったら嫌だな〜って思ったりして
なかなか菩薩様になれなかったけど
結構、わかっているんだよね、あの子達(笑

こっちも「お好きにどうぞ」って状態だと
ちょっぴり楽になる時間が持てるから
お互いにクールダウンする「良い時間」なのかもね。

そのうち嫌でも堪忍袋が破裂するだろうから(爆
いい婆さん
2006/10/18 15:24
いくらなんでも、一生涯、食べにくい方法を貫くとは思わないし、
「〜やってみたい」という気持ちの方が大きいだろうから、
今ちょっと手を抜いて、放流してあげてるだけ。
見守る間にまた何かひらめくかもしれないし。

しかし、雷は落とすよ。
どうでもいいことを流すのはかまわない。
変わった趣味だと思えば。
でも、人道を外れそうになったら雷を落とす。

私は雷雲になるんだよね。雲はふんわりと
べるちの上で浮いている。
「なにしてるのかな〜」とのぞきこんで「あ〜そうなんだ〜」とか
「へんなやつだ〜」とか感想をつぶやきながら。

「あっ、あんなこと!」
ガラガラドッシャーン!

雷が過ぎると、少し涙の雨が降って、
ペカーっと笑顔のお日様が見えるのでしょう。

ストレスの壷がいっぱいになる前でよかったです。
また便秘になったら気の毒…。
べる母
2006/10/18 15:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
しんぼうして見守る べるちるちるりん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる